「1日1枚、自分が気に入った瞬間の写真を撮る」の効用

予定のないお休みの日、
近所のブックカフェに行きます。

スタバのドリンク飲みながら
ツタヤの本がいくらでも読める

夢のようなスポットですよね・・

 

で、今日、出会ったステキ本。

あら、ベストセラーなんですね〜

 

医師の小林弘幸氏が、
著書『一流の人をつくる 整える習慣』を
コロナ時代に合わせて
大幅加筆、再構成、改題した本だそうです。

 

サウナでととのうのも大好きだけど、
普段の生活も整えたい^^

自律神経のお話とか、睡眠や食事のこと、
モノや人間関係・習慣の断捨離が大好物!

そんな私に、ドストライクの本でした♪

 

「1日1枚、自分が気に入った瞬間の写真を撮る」

本の中で、
心身のコンディションを整えるための
具体的ノウハウの
1つ
として紹介されているのが、

1日1枚、自分が気に入った瞬間の写真を撮る

というもの。

 

写真を撮るという習慣を持つことで、
「散歩に出かけよう」と思えたり、
周りの景色や、自分の食べるものに
意識が向けられるようになる・・

ちょっとしたことだけど、
日常生活の中に
「これっていいな」「おもしろいな」
と感じる瞬間を作り出す・・

こんなことの積み重ねで
自律神経は整い、気分は上向いていく
んだそうです。

 

すごーく分かる( ;∀;)

 

著者の小林先生は、
1日1枚、お気に入り写真を
インスタにアップしているそうです。

私はココにアップしちゃおーっと♪

 

本日の1枚:満開の河津桜

※心身のコンディションを整えるノウハウのひとつ「1日1枚、自分が気に入った瞬間の写真を撮る」を実践中! from 整える習慣 [ 小林 弘幸 ]

近所の神社で、河津桜が満開!
夜はライトアップされてました。

 

「インスタグラマーいっぱいですよ!」

とお友達が教えてくれた通り、
私がいる間、ずーーっと
木の下から動かないお姉さん2人・・
(一部↑、写ってますね)

邪魔なんですけど(笑)

お花のアップ写真を撮っているのかな・・

 

桜の木、全体を撮りたかったのになぁ。
しばらく待っても動く気配がなかったので、
全体撮影は諦めました。

自分さえいい写真を撮れれば良いのかな・・

残念だわ・・

でも、こんなことで
自律神経を乱しても仕方ないので、
他人のフリ見て我がフリ直せ!
ですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました